自主事業 | 研究員紹介

MANAGER

小山 章

KOYAMA Akira

自主事業部 部長

経歴

  • 1980年3月横浜国立大学 工学部 材料化学科 卒業
  • 1980年4月旭化成工業(株)(現 旭化成(株)) 入社
  • 1992年10月(株)東芝と旭化成(株)の合弁
    (株)エイ・ティーバッテリー 出向
    Li イオン電池の開発、製造技術の開発に従事
  • 2001年4月(株)東芝 移籍
  • 2011年6月LIBTEC勤務開始 現在に至る
SENIOR RESEARCHER

温田 敏之

NUKUDA Toshiyuki

自主事業部

経歴

  • 1984年3月山口大学工学研究科(工業化学科 修士)修了
  • 1984年4月湯浅電池株式会社(現 株式会社GSユアサ)入社
  • 2004年10月株式会社GSユアサ研究開発センター 第6部 部長(新材料開発)
  • 2010年4月株式会社ブルーエナジー 研究開発部 部長
  • 2013年10月株式会社リチウムエナジージャパン 技術部部長
  • 2015年4月株式会社GSユアサ 小田原事業所 事業所長
  • 2020年1月LIBTEC勤務開始 現在に至る
RESEARCHER

山川 幸雄

YAMAKAWA Yukio

自主事業部

経歴

  • リチウム金属加工メーカにてリチウム箔の製造業務に従事後、研究開発部門に異動し、気相法を用いて10μm厚以下の極薄リチウム箔を開発した。その後、国立研究所および各企業等との共同研究でSiやSn合金電極の開発、リチウム金属二次電池の開発、不可逆容量低減用リチウムプリドープ材の開発を進めた。また、マーケティングや事業の多角化、知的財産管理の管理業務も担った。
  • 2014年LIBTECに入所(現在に至る)

研究テーマ

(LIBTECに入所後~現在)

【電池材料評価 2014~2018年 2020年~】

NEDO助成事業「次世代蓄電池材料評価技術開発」やNEDO委託業務「先進・革新蓄電池材料技術開発」で策定した各電池モデルや評価手順書を参考にして、電池材料評価に適する電池設計、試作条件、評価項目を立案し、電池試作と電気化学測定することで組合員の電池材料評価を実施している。電気化学測定後は非破壊分析、もしくは破壊分析を実施する場合もあり、一連の評価終了後は、各結果を解析して報告書を作成している。また、単一活物質粒子の電気化学測定によって活物質本来の特性とその活物質を用いた電池の性能との相関を明確化することも行っている。

【全固体電池の開発2018~2019年】

第2期先進・革新電池材料評価事業(SOLiD-EV)にて電池製造プロセスの要素技術開発に従事した。

【LIBのベンチマーク評価】

モバイル機器、HEV、PHEV、EV搭載されているLIBのベンチマーク評価(電気化学測定、大型X線CTによる電池パックなどの構造解析、電極組成分析、各部材SEM観察、電解液分析など)を実施している。

【LIBのOperand断面可視化分析】

断面観察用セル(液LIB、全固体LIB)を作製し、共焦点光学顕微鏡を用いて充放電中の電池断面の観察を実施している。例えば、負極の観察においては黒鉛負極のインターカレーションにともなう色彩変化を解析することで、黒鉛の入出力性能や電極構造の電池特性への影響を考察することができる。また、急速充電時などに負極上で発生するリチウムのデンドライトを可視化することも検討している。

RESEARCHER

四反田 卓

SHITANDA Suguru

自主事業部

経歴

  • 電池メーカーにて、リチウムイオン二次電池の材料開発・商品開発業務に従事(負極材料開発、電極作製プロセス改善、セル膨れ要因解析等)
  • リチウムイオン二次電池の材料評価(電池特性、電池安全性)業務に従事(現在)

研究テーマ

【試作仕様書・評価手順書に基づいた材料評価】

組合員から依頼された電池材料に関してその材料評価内容について提案を行い、試作仕様書・評価手順書に基づき電池設計、電池試作、電池特性評価及び安全性評価を実施し、結果のフィードバックを行っている。また、妥当な電池材料評価を行うために、試作仕様書・評価手順書の改定や、試作標準用電池材料の改定及び評価を行っている。

【充放電微分曲線(dV/dQ曲線)による電池劣化解析】

サイクル特性評価前後/保存試験前後の充放電微分曲線から、電池の劣化を正極劣化/負極劣化/SOCずれに切り分けることで、劣化要因を細分化し解析を行っている。

【電池の安全性評価】

安全性試験(釘刺し試験、加熱試験、過充電試験)を行い、材料の安全性を評価すると共に、安全性評価方法の検証、改善も行っている。また、断熱型反応熱量測定(ARC)、カルベ式反応熱量測定等による電池の熱安定性評価を行っている。