自主事業 | 研究員紹介

MANAGER

小山 章

Akira Koyama

自主事業部 部長

経歴

  • 1980年3月横浜国立大学 工学部 材料化学科 卒業
  • 1980年4月旭化成工業(株)(現 旭化成(株)) 入社
  • 1992年10月(株)東芝と旭化成(株)の合弁
    (株)エイ・ティーバッテリー 出向
    Li イオン電池の開発、製造技術の開発に従事
  • 2001年4月(株)東芝 移籍
  • 2011年6月LIBTEC勤務開始 現在に至る
RESEARCHER

四反田 卓

Suguru Shitanda

自主事業部

経歴

  • 電池メーカーにて、リチウムイオン二次電池の材料開発・商品開発業務に従事(負極材料開発、電極作製プロセス改善、セル膨れ要因解析等)
  • リチウムイオン二次電池の材料評価(電池特性、電池安全性)業務に従事(現在)

研究テーマ

【試作仕様書・評価手順書に基づいた材料評価】

組合員から依頼された電池材料に関してその材料評価内容について提案を行い、試作仕様書・評価手順書に基づき電池設計、電池試作、電池特性評価及び安全性評価を実施し、結果のフィードバックを行っている。また、妥当な電池材料評価を行うために、試作仕様書・評価手順書の改定や、試作標準用電池材料の改定及び評価を行っている。

【充放電微分曲線(dV/dQ曲線)による電池劣化解析】

サイクル特性評価前後/保存試験前後の充放電微分曲線から、電池の劣化を正極劣化/負極劣化/SOCずれに切り分けることで、劣化要因を細分化し解析を行っている。

【電池の安全性評価】

安全性試験(釘刺し試験、加熱試験、過充電試験)を行い、材料の安全性を評価すると共に、安全性評価方法の検証、改善も行っている。また、断熱型反応熱量測定(ARC)、カルベ式反応熱量測定等による電池の熱安定性評価を行っている。