委託事業 | 第2期 | 設備紹介

試作設備

  • 転動流動コーティング装置

    活物質表面にコーティングを施すための装置。転動流動層中へコーティング液を噴霧して粒子表面に均一なコーティングを行う。高電圧正極の表面コーティングや全固体電池の改良に用いられている。

  • グローブボックス

    空気中や水分を含む雰囲気下で不安定な活物質や電解液を取り扱うための装置。金属製のボックスに強化ガラス製の窓と耐薬品性のゴム手袋が備え付けらえており、これらを用いてボックス内の材料を取り扱う。ボックス内をアルゴン(Ar)ガスで満たしており、ガス循環精製装置によって水分や有機溶媒などを除去する。湿度は露点-50℃以下に保っており、硫黄系固体電解質の取り扱いや分析のための試料作製などをこのボックス内で行う。

  • ドライルーム

    大気中の水分を除去し、低い湿度に調整した部屋。吸湿しやすいリチウムイオン電池用材料の取り扱いはドライルーム中で行う必要がある。LIBTECでは、正極や負極を作製するための試作設備(混練機、塗布機、プレス機など)、組立のための試作設備、また分析機器の一部をドライルーム内に設置し、露点-90~-30℃以下の低い湿度で試作や分析を行うことができる。

評価設備(分析)

  • 高分解能X線CT測定装置

    電池・電極内の3次元構造を非破壊で測定する装置。電極内の任意の場所の空隙構造を調べることができる。