組織概要 | 外部連携室

外部連携室の概要

蓄電池に関する国家プロジェクト間での連携を図り、 相互のプロジェクトが加速されるために設置された部署です。アカデミアで開発された電極・電池のスケールアップ検討を行ったり、実用電池でのエネルギー密度試算やプロセス適用性など、実用化の可能性を考えるための判断材料の提供したり課題をフィードバックするなどして協業します。

また、「SOLiD-EV」内では扱っていない萌芽的あるいは革新的な技術についてアカデミアから橋渡しを受け、全固体電池に適応する先行評価を行います。

  • リアルカラー共焦点顕微鏡による
    オペランド電極断面観察

  • 精密充放電微分曲線

  • 精密電極厚み変化測定

  • オペランドXRD測定@ラボ測定

外部連携関係

外部連携室は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「先端的低炭素化技術開発-次世代蓄電池(ALCA-SPRING)」プログラムの「全固体電池チーム」の「硫化物型全固体電池」サブチーム(TL: 辰巳砂 昌弘(大阪府立大学 学長))、および、「正極不溶型リチウム-硫黄電池チーム」(TL:渡邉 正義(横浜国立大学大学院 教授))と連携して実用化に向けた研究を更に加速しています。

外部連携室は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISING2)プロジェクト」(PL:安部 武志(京都大学大学院 教授))と連携して実用化に向けた研究を更に加速しています。